【かかり釣り】マルキューとヒロキューの禁断のコラボ!手漕ぎボートでチヌ釣り。

marukyu_hirokyu 釣り情報

手漕ぎボートでの釣りの魅力はポイントを自ら開拓できることにある。かつて我々の祖先は、アフリカ大陸を出発し、中東・アジアには目もくれず、日本に落ち着いたのだ。慎重に慎重を重ね、ここ日本を選んだのであろう。

日々、グーグルマップを見てはこの辺チヌいるんじゃないかな?なんて予想してますが、係留できるところがかなり少ないんで場所探しは難航を極める。

ピンポイントの場所選びは大事

最近よく思うのが少しポイントがずれただけで釣れなくなったりがよくあるように思える。なので海底調査はやっぱりカメラを沈めるのが一番。この作業をしだしたおかげで、損失が一気に増えました。

時には根がかり、ある時は大物にカメラごと持っていかれたりと数多くの犠牲を出してきた。

今回の釣りでも場所選びで運命をわけた。単純に腕の問題!とは言いたくないので何かしらのせいにしちゃいますね。

今回の配合餌は禁断の2社をごちゃまぜにしてみた

まずはこれをご覧いただこう。

おわかりいただけたであろうか?

大きな声では言えません!ヒロキューとマルキューのコラボです。

今回のダンゴですが

爆寄せチヌ

CHINU-TEN

荒引きさなぎ

3色麦

イワシ粉末

ムギコーン

Bチヌ遠投

激重チヌパワー

生さなぎ黒鯛

狙いもなければ目的も無し!つまりただ単にいろいろ入れてみるか!って話。ごちゃまぜ戦法である。

マルキューとヒロキューの関係はどうなのか?昔から思ってるが、誰かいつかコッソリ教えてください。差し餌にはコーン、オキアミの余ってたヤツ、激荒ミンチを用意。

いざ大海原へ漕ぎ出して釣りスタート

海の状況は刻一刻と変わる。なんとなく最初の一時間で一日の流れは予測できるような。そんなことありませんかね?

復帰初戦となる平兄ぃがかけた魚は

サンバソウ

不安である

サンバソウなんかここでは釣れてなかったので海の状況が変わったのかも?なんて思いました。エサ取りっぽいのは多くて大体餌を投入すると、釣り気オーラ全開の我々のレーダーをかわすように気が付かないまま餌が消えていく。

いわゆる、瞬殺です。

ノボル無双発動!一人だけジアイを起こす

年に数度ある、ノボル君の無双モードが遂に発動してしまった。一人だけダンゴあたり出てますよ~とか言いながらエサ取りのメジナなんかを釣っていき

メジナ

タモがデカいんでわかりにくいですが、ここで釣れるメジナは型がよく40cmくらいのが群れでいます。つまりまずはメジナ君が寄ってきてくれないと確変モードは起こりません。

そしたら案の定、良型のチヌを連発。

黒鯛

体高があるマッスルチヌさんです。いい餌喰ってんな!この野郎ぉ

チヌ

どちらもバコーンで釣ったらしいです。そもそもチヌはコーンの美味しさをどこで覚えたのでしょう?エサでまかれたコーンを食べてみて、こりゃうめぇな!なんてチヌ語で話してたのかもしれません。

まっつまらんことを書きました。

続けます。

場所に見切りをつけるのも必要

かかり釣りにおいて場所移動はかなりの決断。言うなればこれまでお金をつぎ込んだキャバ嬢を諦めて次の店に行く、そう!すべてを無駄にするのだ。かといってその嬢を追い続けても結果を出せる保証なんてものはない。

男たるもの常に決断だ!非情であれ!

平兄ぃも俺もお互いに罪をなすりつけるべく、移動するならするよ!と移動開始。よく責任は取ります!なんていう人がいるが、責任とはどうとるべきか?俺は常に逃げ腰なので責任は絶対とりません。

ここでまた釣れなかった時の言い訳を少し考え始める。YOUTUBERとは常に不安との戦いなのです。

だがしかし!デラトガシ!

世の中、そんなに甘くない。いきなり移動して釣れ始めるなんてことは滅多にない。ダンゴを投入すると中層あたりからダンゴあたりが出てくる。ここはメジナがいっぱいいるんだな?ちなみに平兄ぃはノボル君の後ろ側にボートをつける。

仕掛けを回収しようとしたその時でした。

メジナ

ここで今日初めてとなる魚、メジナ君をGETする。

真下に向かって沈んでるロープに魚がついてんのかな!高活性だがロープに一回引っかかって再び場所移動を決断。

メジナと対決の動画です。巻き上げてくる時に追いかけて喰ってきました。

欲張りなヤツめ!!

ダメなときは元に戻す勇気。

職業柄何かを変更加えて失敗したとする。こういう場合は、変更前にそのまま戻すことも重要です。変更をかけて数字が落ちたとなればサッと見切りをつけて戻す。例えば奥さんのことが嫌いになったとしよう、ほかにいい子いないかな~なんて男であれば思う時がある。

それが甘い

浮気心を抱いた俺の馬鹿馬鹿!

やっぱり俺、元に戻るよ。

ノボル君と平兄ぃ側は賑やかな状況に。

ノボル君と平兄ぃ側はにぎやかな状況継続中。

平兄ぃはこの日最大となる真鯛をGET

真鯛

でっぷりとした天然真鯛。これは高価ですぞ!

ノボル君も

チヌ

こんなのを2枚追加。正直

むかつく

なぜ俺の方には何もいないんだ!場所の問題にしようと思い始める。

諦めかけたその時でした。

時間は14時30分ごろだろう。

既に諦めていた。エサ取りっぽいのが多く瞬殺は続く。ノボル君がコーンで釣ってることは聞いてたのでコーンを多用してたその時でした。

ぽわんぽわーん

チヌアタリ率89.7%のフワフワしたアタリが出た。ここでアワすのは時期早々!もう少し流すことを決断。そうすると

ポワポワポワーン

んー喰ってるのか?喰ってないのか?判断に迷う。行くべきなのか、いやもはや最後のチャンス。慎重に行かねば

ポワ‥

ブン!

といやぁ!もう我慢できん!アワせたら重みがノった!

下に突っ込む感じ、これチヌやで!

水面に上がってきて今にも針がはずれそうなのがわかった。いや、咥えてる程度でタモですくった瞬間はずれた。

あぶねー

かかり釣り

最後の最後に貴重なおチヌ様をGET。もうギリギリに釣れるのは勘弁してほしいが、ギリギリに釣れるのもまた嬉しいもの。ありがたや!

激闘のYOUTUBE動画がコチラ

というわけで今回のレポートはこれにて終了。チャンネル登録・コメント是非お願いします。

次はあなたの街に現れるかもしれません。

またな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました