【アジ釣り】新山下の広島屋でLTアジ!仕掛け・ロッド・リールなどまとめて紹介と釣果

広島屋アジ釣り 未分類

東京湾に居ついてる鯵は「金アジ」と言われ、ブランド化してきてます。都内にも「釣りあじ食堂」などのような専門店が増えてきて人気になってます。鰺は美味しい上に数多く釣れるので釣って楽しい、食べて美味しいと釣り応えがある魚です。

実釣YOUTUBE動画

LTアジを一日楽しめる新山下の広島屋さんへ

釣りあじ食堂でアジフライを食べたことから鯵の美味しさに気づき、店主の神山克也さんにアジ釣りに連れて行ってもらったのがアジ釣りを始めたキッカケです。連れて行ってもらたった船宿は、横浜新山下の広島屋さんでした。

こちらが広島屋さんです。この並びには複数船宿が並んでいます。料金ですが9,000円となってまして朝の6時半くらいに出船して13時くらいまで釣りができます。なので釣果など見てもらえればわかりますが、釣る人は100匹釣ったりしますね。

貸竿もあります(有料)付けエサやコマセは船代に含まれていまして、ビシとか仕掛け、クーラーボックを持ってくれば都内からでも電車で釣りにいくことができます。

広島屋さんのHPはコチラ

ヒガキンの金アジを釣る為のタックル

最初はレンタルロッドでやっていましたが、やっぱり自分が気に入った道具を使いたくなるもので徐々にアジ釣り用の釣具を揃えていきました。リールを真っ先に買いましたが、タイラバとかでも併用できるように見た目も派手で使用できる幅が広い、オシアコンクエストctを購入。

オシアコンクエストCT

本当であればリールは軽い方がいいんですが、見た目重視でゴールドを使っています。こちらはカウンター付きのタイプで、上からカウントをとるときとかには便利ですね。少し値段もするんですが、レビューが良いのと、使ってる人を多く見かけるので即決!

リアランサーX

ロッドですが、数を釣るなら軽くて短いのが手返しが良くなるのかな?と思い、釣りあじ食堂のマスターも使ってたらマルイカ用のロッドを選びました。リールがSHIMANOなので合わせて、REALANCER X マルイカ 82 140 を購入。

アジビシ仕掛け

仕掛けはこんな感じですが、たぶんこれが一番安いのではないでしょうか?上州屋にも売っていますし、こちらもアマゾンやネットで購入できます。青色のタイプがちょっと高く、緑色の方がちょっと安いですね。

ビシアジ

後は、ビシですが船長がたまに「コマセ」撒きすぎないようにねーと言ってたこともあるのと何となく小型の方が絡まりにくいかな?と思い小さいのを使っています。他のお客さんを見たら大きいのを使ってる方もいますのでどちらでもいいでしょうね。

あと忘れてはいけないのはクッションゴムです。太めの輪ゴムを使ってる方も多いですが、天秤と針の仕掛けをつける間にはクッションゴムを入れて、口切れをしにくくしましょう。

クッションゴム

クッションゴムをつけてないと、ガツン!とアタリが手元にきても針掛かりしないことが多いので必ず使った方が良いですね。

船釣り初心者向けのアジ釣りですが注意が必要

東京湾の中では比較的、揺れが少なく船釣りデビューにはもってこいの場所だと思います。ですが!船で初めて釣りをする場合は確実に船酔いします。ですので船長も仰ってましたが、前日寝る前と当日の朝に酔い止めを飲むことをオススメします。

船酔いは一度なると再び陸に上がるまで治りません。陸に上がるとすぐ治るんですが、乗り合いの船になると一度港を出たら釣りが終わるまで戻りませんので、自分は大丈夫と思わず酔い止めを飲みましょう。

アネロン

僕は船酔いすることが無いので大丈夫ですが、初めて船で釣りに行くような方は悪いことは言いません、必ず飲みましょうね。

金アジってそんなに美味しいの??

釣った魚は食べてますが、東京湾の金アジは回転寿司屋にある鰺やスーパーで販売されている鯵とはまったく別物です。鰺は時間が経つと変な匂いや後味になってしまうので、釣ったら氷締めして持って帰り、家についたらクーラーボックスから出してすぐ冷蔵庫に入れましょう。

鰺は、刺し身・なめろう・たたき・アジフライ・焼きなどいろいろな方法で食べれます。食べる頻度はめっちゃ多いのですが未だに飽きてはいません。

今までの鰺とは概念変わりますので是非一度食べてみてください。

都内で釣りたての「金あじ」が食べれるお店。

僕がアジ釣りをするキッカケとなったお店が、新宿の大久保にあります。たびたび動画を撮らせてもらってる「釣りあじ食堂」です。釣りには行けないけど食べてみたいという方は是非一度食べてみてください。

HPはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました