【海上釣り堀太公望】熱海にある釣り堀筏で「マニアコース」にチャレンジしてきた結果

網代筏釣り 釣り場紹介

新しい釣り場は無いかと、GOOLEマップで沿岸部分をチェックしてると筏を発見した。関西の方では筏で釣りをできる場所が多いが、関東は長井かかり釣りセンターか富浦漁港の筏くらいしか釣り場がない。まだ未開の地があったのか!と思い電話で問い合わせをしてみた。

本当にあった筏釣り場

筏の上で釣りをしながら、イケスの中の魚も釣れますよ!という夢のプラン、その名も

「マニアコース」

なんともネーミングは最高ですね。HPに記載されている詳細を見ると、完全予約制の上級者向けコースなんだとか。2021年3月からスタートしたコースで、なるほど!それで俺も知らなかったわけだと電話して予約してみた。

通常、渡船屋さんに行くようなフローで予約します。行きたい日時、人数を言い、名前と電話番号を伝えれば予約OKだ。

注意点などはHPに記載してあるので見といてくださいね!ということでURLを貼っておこう。

マニアコース | 海上釣り堀 太公望~公式サイト~
伊豆・熱海・網代で、ゆいいつ海上で釣りの出来る釣り堀です。「海上釣堀太公望」は、海の上にある釣り掘です。本格的な釣りから家族連れの楽しい釣りまで楽しめます。

11月3日文化の日、朝6時50分到着、釣り開始

出船は7時25分ということで逆算して4時出発。東名から小田原厚木道路に入り、期待に胸を膨らませて車を走らせる。港に着きどこに車を止めるんだろ?とキョロキョロしてると・・・

「マニアの方?」

声をかけたられた。ハイ、マニアのヒガキンです。と駐車場所や荷物を降ろす場所を教えてくれました。

受付をすませて代金をお支払い、マニアコースは1人5000円+消費税です。

マニアコースは僕らだけということで3人。大量の荷物を積み込んで出船した。船乗り場から筏まで5分ほどなのですぐです。

太公望マニアコース

釣堀併設型の筏です。

万が一、釣れな時の保険があります。

海上釣堀太公望

このような感じで、イケスの上に板をひいて足場が完璧に仕上がっております。この辺りは、うねりも少ないのか筏は揺れません。船酔いに弱い方でも全然大丈夫なくらいでしょう。準備してる間に、周辺でなぶらがたっており、イナダクラスの魚が見えていました。

そういうときは小さめのルアーを投げて釣るのがいいそうです。見えてるいるベイトもすっごい小さいのである程度、ベイトに合わしたサイズがいいのでしょう。

だがしかし!デラトガシ!

俺らはルアーを持ってない。というか、かかり釣りスタイルでチヌを狙う。ずっとベイトはウロウロしていたのでルアーをする方にはいい場所ですね。筏の周辺はロープがありますので、事前にチェックしましょう。

手前の平兄ぃが座ってる釣り座ですが、海底には網が沈んでおりそれが広範囲ですので、着底したら1メートルくらいラインを巻かないと根がかりするのでお忘れなく!

網代筏釣り

わかりにくいが釣りしてたら海に落ちそうな場所、イケス側の下には魚がいるであろうと読んでギリギリの場所に釣り座を構えてみた。ダンゴを数個打ち、釣りを開始。

根がかりをした。

今の段階ではカメラ水中捜索をしてないが、ロープにかかったような根がかりだったので即見切りをつけた。この間にもノボル君がトラギス・トラギス・・・・トラギス

あんた、トラギス釣るプロやな!

よく釣れる餌取りではあるが、こうも連続でトラギスを釣るとはきっとトラギスのプロであろう。

ちなみにトラギスはこんな感じ⇒ここから

一応食べれるみたいだけど見た目の派手さから食べる気もあまりしない。

俺も2WAYとして置き竿もセットする。虫餌なんかをつけるが餌取り少しずつ削られ消えていく。

かかり釣り

そういう状況が続き、遂に平兄ぃが動いた。

大公望釣り筏

日陰に隠れて寝る体制に入った。せっかく貴重な祝日に新しい釣り場にきて、SNSで我らの釣果報告を楽しみにしてくれてる人がいる中、なんとけしからん!

会社で言えば即解雇でも文句が言えない謀反とも言える行動だ。怒りに震えた俺も遂に動く。

近くに寄り

熱海釣り筏

俺も寝ることにした。もちろん、後を任せたノボル君にはアタリが出たら起こしてね!と言ったことは付け加えておく。

揺れもないし天気も良い。そしてこの広々としたスペースで海の優しいBGMを聞きながら寝るのは最高です。

新宿ネリエ
新宿ネリエ

釣りに来て爆睡するなんて何しにきたわけ?

これは一体どういう状況だ!とたたずむノボル君。起こされたときは14時。お迎えは14時半でしたのですぐ片付けして終了。平兄ぃは先に起きてノボル君と頑張ってたようだが

本命のチヌは釣れず、トラギス・カワハギ・オオモンハタに遊ばれたようだ。

水中映像がコチラです

平兄側(沖向き)の海底がこんな感じで網がビッシリあります。これが広がってますので底を流してたらすぐ引っかかる状態となってますのでご注意ください。着底したらすぐ1メートルは巻き上げないといけません。カメラをしっかり見たらチヌっぽいヤツが付近にいました。小魚が住みやすい感じなので熱帯魚みたいなのもたくさんです。沖に向かって駆け下がりとなっており魚自体はいましたね。

チヌ

港側にもカメラを沈めてみましたが、こちらは特に障害物みたいなのはないですが魚影は薄い感じ。カワハギはいまして、やはりカメラに特攻を仕掛けてきました。

カワハギ

海底がどうなっているかは役に立つはず!そんな感じで平兄の足元の水中映像がこちら

水中撮影するならGOPRO5とかの中古でOKです。

定価だと高いですが中古なら13000円とかで出てましたのでお買い得かも。水中とるなら

このケースに入れてオモリなんかをつけて沈めます。魚探もまぁいいんですが実際何があるかを見るとまた違うかなと。カワハギはカメラが大好きですしね。

太公望マニアコース実釣動画

チャンネル登録宜しくお願いしますっ!

太公望マニアコースまとめ

釣堀と通常の釣りをダブルで楽しむなら良い場所です。小さめのルアーを用意、カワハギがそこそこいるというのと、イケス内にはヒラマサ・ワラサ・真鯛・メジナなど大きい魚がいるので釣り初心者や、外側で釣れない場合でも楽しめることは間違いないです。(イケス内の釣った魚は買取りです

価格表

こんな感じでそれぞれ魚の値段は決まっております。マニアコースとファミリーコースは値段が違うので要チェックやで!

隣が釣堀のイケスなのですが、そちらはファミリーやカップル、女性グループ、子供たちなどがバンバン釣り上げておりました。

釣堀と普通の釣りを同時に楽しむなら良い場所だと思いますので皆様も是非!

コメント

タイトルとURLをコピーしました