【悲報】かかり釣りでチヌの釣果落ち込む!厳寒期の釣りについて

ダゴチン 釣り情報

気づけばあっという間に寒くなりました。やはりチヌも寒くなれば活性が悪くなるのか、あまり口を使ってくれなくなりました。関東近辺のチヌの釣果は軒並み落ち込んでいる状況であります。厳寒期の釣りはどのようにするべきか?お答えします。

竿を2本使い、餌代はお安く

舞台は相模湾!ここ最近の爆釣をマークした釣り場にて

最近の動画で良型をバンバン釣ってた場所ですが、すっかりチヌが釣れなくなってきました。海底カメラで覗いてみてもチヌの姿が1匹映るかどうかです。かわりにメジナは大盛り上がり中?とても活性が高く元気そのもの。

地元の漁師さんなどに聞き込みをしてみましたら、寒くなるとチヌは移動するらしい。海を指差して説明してくれたが、あの船の下とかあの辺とかに移動するんだよ!と。毎日海に立ってる男たちが言うのなら間違いない。

釣れないじゃない、いないんだ!(もちろん居続ける場所もあるでしょう)

厳寒期のチヌ釣りはどうするべきか?答えは簡単

あきらめる!である。冬にしか釣れない魚もいるわけですから、場所によってはチヌは狙わず釣れる魚を釣ればいい!今回の駿河湾では良型のメジナが群れで沸いているので、そちらを釣って楽しむのがベストでしょう。

ダンゴに使う餌もあれこれ買うとお金がかかりますから、予算をグッとおさえた砂とヌカを使った低コストで釣りを楽しむ。まぁこれまでヌカと砂でチヌも結構釣ってますからね。あわよくば底でチヌが釣れればいいや!くらいでやりましょう。

反応がないところは結局何もいない

最近はカメラで海底を覗いてることが多いんですが、オキアミが綺麗に針についたまま戻ってくる状況が続けば、だいたい魚はいません。多少なりと餌をつつかれたりしてないと、そこでは釣れない結果になっています。カメラで見れば確実です。

平兄ぃさんがメジナバンバン釣ってるときの海底動画がコチラ

ポイント選びは重要ですから渡船屋さんだったりSNSで釣果をあげてる人にポイントの確認はした方がいいでしょうね。釣りも情報化ですから!とは言え、自分が見つけたポイントとかは言いたくない人も多いと思いますんで、そん時は自力で調査しましょう。

まとめ

あったかくなればチヌ釣りましょう(笑)費用対効果もその方がいいですからね。ダンゴ握って手を洗うのも冷たいですからね。どうしてもチヌ釣りに行きたい場合はダンゴに金かけない方が経済的でしょう。

YOUTUBEのチャンネル登録・高評価宜しくね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました